黒クマのケア方法を知るためにはまず、黒クマの原因をしっかりと理解しておかねばなりません。
黒クマの原因は、顔の構造によるものです。

目の下の脂肪が多すぎることや目の下の脂肪が少なすぎることによって目の下に影が出来てしまうのが原因です。
そのため皮膚に異変があるわけではありません。

黒クマのクマはあくまで影ですので、上を向いてライトの当たった状態で見るとクマが消えていたり薄くなったりすると感じます。
自分自身で顔を確認する時にはどうしても真正面から見ることが多いですので、青クマや茶クマと勘違いしている方も多いです。

黒クマの場合は上を向いて確認したりライトを強く当てて確認したりすると良いでしょう。
黒クマの原因が顔の構造による影です。

この影の出来方には2種類ありますので、それぞれのケア方法を紹介してきます。

まず目の下の脂肪が多すぎる、目元がたるんでしまったことで黒クマが出来てしまっている場合ですが、この場合はたるみを解消してあげることが何よりも重要です。

一番効果があると言われているのが、脂肪をカットしてしまう美容整形です。
自分自身で出来るケアとしては、表情筋を鍛えることとリンパマッサージがあります。
たるみは表情筋の衰えによりますし、顔のむくみはより目元に影を落としてしまいやすい状況を作ってしまいますので、フェイスケアを続けることで改善していくことが出来るでしょう。

続いて目の下の脂肪が少なすぎる場合ですが、一番効果があると言われているのがくぼみにヒアルロン酸を注入するという美容整形です。

自分自身で出来るケアとしては、頬の筋肉を意識した表情筋を鍛えると良いとされています。

黒クマは自然に改善することは難しいクマですので、毎日のコツコツとしたケアを行っていくことが大切です。