女性はいつも自分の顔年齢が気になるものです。
実年齢よりも若く見られたいのが本音で、日頃からスキンケアやメイクの研究に取り組むのも女性の楽しみのひとつです。

でも友人や職場の人から疲れた顔と言われる残念な時もあります。

そういう時は大抵、寝不足や体調不良、食事の偏りなどが引き起こす一時的な現象です。
慢性的になると生活改善をするのが大変になりますが、最近ちょっと疲れてるかなと感じる程度であれば落ち込む必要はありません。

むしろお世辞ばかり言われて慢心している状態よりも、正直に疲れた顔と言われるほうがライフスタイルを変えるチャンスとも言えます。

疲れた顔に見える理由はそれぞれ違いますが、代表的なのは生活ペースの乱れです。

疲労が溜まると肌ツヤが悪くなり、乾燥を引き起こすと小じわの原因にもなります。
ツヤがなく小じわが目立つようになると、疲れた顔という印象を受けやすくなるので不規則な生活をしないように心がけてください。

これまでよりもスキンケアの時間を長くとること、野菜や果物などのビタミン類を多く摂取すること、睡眠時間を2時間程度増やすことが、疲れた顔を改善する大切なポイントになります。

疲れた顔改善に効果的な顔面マッサージをする

毎日の仕事や家事で全身に疲れが溜まれば、顔にも疲労感が漂ってしまいます。

主な原因のひとつは生活ペースの乱れですが、栄養や休養をたっぷりとるだけでなく、肌の外側からアプローチするのも疲れた顔改善の効果を促します。

疲れた顔に見えるのは血流の悪さが引き起こしていることもあります。

定期的にマッサージして血の巡りを良くするように心がけるのがポイントです。
朝起きて顔がむくみやすい時にすぐにメイクをするのではなく、まずはベビーオイルなどの肌触りの良いもので軽くマッサージをしてください。

眉間から目の下のクマへ指を滑らせて、両頬で円を描くようにゆっくりと揉みほぐします。
最後はリンパ腺が通っている首から鎖骨へと押し流すような感覚で指圧します。

これで、むくみの原因となる老廃物を体から追い出しやすくなります。

顔色が悪ければメイクでごまかそうとする人もいますが、根本的な疲れた顔改善の方法とはいえません。

メイクはあくまでも健康的な肌をベースにして美しく見えるものなのです。

隠すメイクよりも活かすメイクをしなければ、本当の美しさに繋がらないことを覚えておいてください。

規則的な生活と小まめなマッサージで疲れた顔とサヨナラできます

肌ケアに気をつけているつもりでも、周囲から疲れた顔と言われるとショックを受けるものです。

年齢のせいにして諦めてしまわず、まずは生活ペースの改善をしっかりと行うようにしてください。

不摂生をしていると必ず肌に悪影響を及ぼすので注意が必要です。

出来る限りで良いですから、今の生活の栄養と睡眠について見直しをするようにしてください。
身体的なストレスだけでなく精神的に疲れていると感じたら、趣味などを通してメンタルヘルスにも気を配る必要があります。

それから毎日のスキンケア時に、必ずセルフマッサージを行う習慣をつけるようにしてください。
血流が良くなれば顔全体に活気がみなぎるのでお勧めの方法です。

よくマッサージをして肌が温まってからメイクをすると、いつもよりファンデのノリが良くなったり、キメが細やかに見えます。

ほんのひと手間で確実に顔の印象が変わるので試してみる価値はあります。

規則正しい生活と小まめなマッサージ習慣。

この2つのポイントを押さえておけば疲れた顔とサヨナラできます。